第4話E:みゆきさんの乙音高等学校講座


   ==============================
        かがみはやる夫たちとミステリー研究会を作ったようです
             第4話E:みゆきさんの乙音高等学校講座
   ==============================


                     ,-、
               /'´ ̄`ー-/  `ヽ-‐─-.、__
              ,ノ´     ,/    i:       `ヽ、
          /       / :|       |::   、   、  ヘ
         /   ::   /  ;|、   :  |:|、  |::   ヽ、. ヘ
         /    : :    /  / |∨ : : |:| ∨.|:::    `ヽ.ハ    みなさん、こんにちは!
        / /  : : :;   | ,ィ⌒ | ∨ : : |:| ⌒|ヽ    、  ハ.}
     / ,イ / : ::/    ,| / __、| ∨ : :|j ,_レ'ヽ、   |:  ||
     〈 / | :j: : ::i    / |/,ィチ心、 ヽ、::| ,ィチ心、∨  |::  }|
     ヽ| | :|: : ::|   ∧ ,イ ト-':;;:}` }冖{` ト-':;;:}ヽ∨  }::: ,/|       ミステリー研究会副会長の
         ヽ| : :::ヽ、 {:::ハ.`、V:t;;リ ,ノ  、 V:t;;リ ,,'∧ /j;ノ |           高良みゆきです
          ∨: ::|::|::`::.:::j` ー-‐'" __'__ `ー-‐"´ {::::j,/::|:  |
         `ヽ:|| |:::::::|`l:.、    V  ,ノ    ,.イ|:::´::: |::: |
            |j: |: ::,:j .|:::_;;>‐-,`ニ´r-‐<´::|:|::: : : |::: |      本編ではまだ1カットのみの登場ですが、
            リ: |::::;ノ ,ニュ、  | ´   ` }   ヽ|j:: :  j::  |         覚えていてくれていますか?
           ,ノ:,ィ´{  -‐y 〕 |,-─‐-j    ノ::   /:::: {
          / ::f `rヽ、___,j;>、   /  //´:  /}::::  |
           / ::::|   },ミ三三三彡}.  / //j;   / |::::  |
        /: :::::|, :〈`゛ー─--─'´〉V ,/,,ノ| ,/  |::::  |
         /: :::::::|  :::〉       "|ヾ <´ j/ i:   |::::  |



      r‐‐―‐}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ
      |.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
      |.:.:.:.:.:,'.:.:.:.:.:.:ト、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.\     今回は私たちが通っています
    /.:.:.:.:.!.:.:/.:.:.:i \⌒ヽ .:.:.:.:.:.:\.:i:.:.:.:.:.:.:.        私立乙音高等学校のことについて
.  /.:.:.:.:.:.:.:.⌒ト:.:.:.:!   \.:.:.:.:\.:.:.:.:.ヽ.:.:.:.:.:.:.i           若干ながら解説させていただこうと思います
 /.:.:/.:.:.:V.:.:|.:/_、:.:.:i    ィrテトミ:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.|
./.::.イ:.:.:.:.:j.:.:.:iハ心ヽ:::.、   !ト':::::jハ:.:.:.:.:.:.\:.:.ヽ:.:i
/ !:.:.:.:/!:.:.:.!jヘv'ハ \! . Vヾ:イリ、:.\:.:.:.:}ヽ:.!:.:!
   、:.:.:ハ .:.:人 `゙' )-(   `,,¨´ ノヽノヽ/!:.:.ノ.:.i        今回取り上げるのは、
   ヽ{  \リ:::.:Y'' '。 ` ー‐ /.:.:.:.:.:./.:i:.:.:.:.:.:!            この学校の体制についてです
      /:.:.:/)>...  . ...イ.:.:.:.:.:.:.:/__:ハ:.:.:.:.:.!
    ー=彡ノ`' ニ〈 {:::i:.:.::/.:.:./ ̄ ̄`ヽ/∧:.ヽ:.:.:!
  ⌒>∧/.   ̄、〉7:.:.:/:.:.:/       ∨∧:.:.\          あくまでもこのお話においてのことですので、
  /.::://∧  xヘ_∨:.:/.:.::.イ        ∨/!:.:.:.:.:.             現実にはどうとかというのは目をつぶってくださいね
. /.:::////∧' )ー{.:.:.:i.:.:/リ       i//!:.:.:.:.:.



              r-、
           rー―― !: : `´ ̄`. .' . 、
         ,!: : : : : : :!: i : i、: : : : : : : :ヽ、
         /: : : : : / /|: | : l:!ヽ : : : : ヽ : :ヽ     第3話Dにおいて注釈がありましたが、
       / : : : : : ,': ,' .! l: : !| l: i、: : : ヽi : ',        この学校では単位制が行われています
        / : : : ,: : ,!-!‐ !,l: : l:! !‐!- 、 : : ヽ : !
.      ,': i: : : i: : :l :l  lノ!: : !! |/ ヽ : : i: ',: |
      l : |: : : !: : :N  _! : リ ' _ ヽ: :|: :V
       |: /!: : :|: : l. ,´== `r‐{. ==ミ!i: :h: !         つまり自分が学びたい授業を選び、
      l/ !: : i、:i'{ ''''   ノ ,.ヽ  ''''ノ,ハ:l,ハ,!            自分だけの時間割を作り上げてゆくという
        ヽ: l ヽ!:`iー‐‐' r‐┐`''''",!,! :i' :|:i               大学でよく見られる形態です
         ヽ! ,|: |:i`'ー- `_‐',., イ: !': : !: :!:!
      r 、     /|: :!|: : |, '^'、 ,ハl:/: : :,! : ',|
     ヽ ヽ_r_v r! :ヾ―l,  V  /: : : ハ: :ヽ
        Y,. -{ Y!:',: :ヽ:.:.V´,フ、ヽ/ : : /:.:`i,: : :',     もちろん自分で選ぶといっても必修となる授業があったり、
       l、/´)ハヽ'、 :ヽ:.ヾイ|.!|、! : :, ':.:.:./ ! : : ヽ      その授業を受けるための前提となる単位を
      / `ュ,ノ }i 〉ヽ :ヽ:ヾ|,|,!'l: :/:/:., '  !: : : : ヽ        取得している必要があったりなどと、
        ト´、  ノ l':.:.:.:ヽ:}:.:.::.:.:.:|/:.:i//  l: : : : : : i           いくつかの制限は受けることになります
        !  `    !:.:.:.:.:lノ:.:.i:.:.:.:.:.:.,' /  l: : : : : : |



                     ,-、
               /'´ ̄`ー-/  `ヽ-‐─-.、__
              ,ノ´     ,/    i:       `ヽ、
          /       / :|       |::   、   、  ヘ      この学校における1日の授業時間割は、
         /   ::   /  ;|、   :  |:|、  |::   ヽ、. ヘ         4枠8時限という仕組みになっています
         /    : :    /  / |∨ : : |:| ∨.|:::    `ヽ.ハ
        / /  : : :;   | ,ィ⌒ | ∨ : : |:| ⌒|ヽ    、  ハ.}       1枠に50分2時限分があてられていますから、
     / ,イ / : ::/    ,| / __、| ∨ : :|j ,_レ'ヽ、   |:  ||           大学における講義と同じようなものと
     〈 / | :j: : ::i    / |/,ィチ心、 ヽ、::| ,ィチ心、∨  |::  }|               考えていただけるといいかもしれません
     ヽ| | :|: : ::|   ∧ ,イ ト-':;;:}` }冖{` ト-':;;:}ヽ∨  }::: ,/|
         ヽ| : :::ヽ、 {:::ハ.`、V:t;;リ ,ノ  、 V:t;;リ ,,'∧ /j;ノ |
          ∨: ::|::|::`::.:::j` ー-‐'" __'__ `ー-‐"´ {::::j,/::|:  |
         `ヽ:|| |:::::::|`l:.、    V  ,ノ    ,.イ|:::´::: |::: |     午前中に2枠、そしてHRとお昼休みを挟み、午後に2枠
            |j: |: ::,:j .|:::_;;>‐-,`ニ´r-‐<´::|:|::: : : |::: |         これで1日の時間割は終了です
            リ: |::::;ノ ,ニュ、  | ´   ` }   ヽ|j:: :  j::  |
           ,ノ:,ィ´{  -‐y 〕 |,-─‐-j    ノ::   /:::: {
          / ::f `rヽ、___,j;>、   /  //´:  /}::::  |
           / ::::|   },ミ三三三彡}.  / //j;   / |::::  |
        /: :::::|, :〈`゛ー─--─'´〉V ,/,,ノ| ,/  |::::  |
         /: :::::::|  :::〉       "|ヾ <´ j/ i:   |::::  |



.               「 ̄    -- 、
          ,. -‐ ´|            `丶、
        / ,   ∧         \   \
        /     /  |  ト、      \   ヽ     ですが大半の授業は3枠、5・6時限目までに組み込まれています
     , '    /   |  l  | レN  \    、   ',        なので3枠終了後から部活動を行う所がほとんどです
.    / /  / / /l l  イ │ |` 、  \   ヽ   i
     { /  / / /7Tト/八 l  ヽ  \  ヽ   `、¦
.    V  / / / /|ノ レ′∨  x==ミ、`  ',   }│
     {  l | / イxf芍抃     ト' 廴}ハ l l |V |      4枠には祝日などの関係で授業が潰れてしまい、
     |、 川 { { {y ト'' り-、  /  V辷リ YNレl l  |          授業時間の足りない授業が臨時で組み込まれたり、
     ∨レヘ从lハ. ゞ=''  }⌒、 ,,, `='´ ,ノ}ノ ∨   |              LHRが入ったりなどしていますね
        } | 圦、'_'_'_ノ   `ー--‐'´/  / }   |
         ,'  l />、   `ー '   イ,/  / /    |
.        /  |/,/ヽ-> .__  '´ {ニミ、/ /   !
       /  人/ / /7/,イ     /::::::`丶、   |     また、一部必修科目において再履修となった生徒たちのための
.      /  /ミ、`<∠ノ7ー─-、 /:::::::::::::::::::\  |          授業が組み込まれていることもありますよ
      /  ∧: ヾニミ、: ∨    /::::::::::::::::::::::/⌒ヽ
   /  / >‐ 、 \/   /::::::::::::::::::::::/    ∧
. /   /     \:/} ,/:::::::::::::::::::-‐'´     | l
./    ,イ          }:| /:::::::::::::/::/        | |       そういうことですので、乙音高等学校においては
    / l       ∧レ'-‐=='´:/ /         | |          学年やクラスは存在していますが、
.   /         /::::| ̄:ヽー‐'´ ,/         L.ノ              基本的にHRなどのための便宜的な物に
  /       /}::::::|::::::::::l    /  /       / |                   半ばなっていると思ってください
  〈         /:::::/::::::::::|   ,/  /       / , |
  ∧       ,/::/\::::::::|  / , '      / / !
  l  \__/::/   ヽ::::l   {/      /}    |
  |     / レ'′     ∨ /          /     |



                   ,-、
          ,λ ̄゛`ー‐--.|  ヽ-‐─--.、_
          //        .;|   . :i::.    `ヽ、
            //   ノ  / .:|   : .:|:: :、    、. `ヽ、       あ……ついでに説明しておきますが、
        /´  ::/  :.:/ :;メ{   : .:|.:|、 \  :.ヽ、} ハ          この学校ではクラス固有の教室はありません
       /  / ::/ : :/ :./| ∨  .: :|.:| ∨ .|   :.:`ヽ.|
        / / : : :/ : :/ ,ィ⌒| ∨ : .:|:|  V⌒ヽ : :. 、 ヘ、
     / /| : : : / : : j ::/   |  ∨i .:|j   ヽト、  :.: : |: ヘ     あくまでも、**号室はHRではどこどこのクラスが
     〈 :| | : : ::| : : :/|/ ___ !   リヽ、.:| ___   〉 : :.: ト、: 〉        使用すると割り当てられているだけであって、
     ヽ,| |: : : :|  : :;ハ ,.ィ'≠ミ  }冖{ `,.ィ≠ミ、 } : : :. / i レ'             1−Dとか2−Cなどといった教室が
          |: : : :ヽ、::{:.:ハ.      ノ , 、     j: : : :/: |                    ある訳ではありません
        | : :{ヽ、::|': ::.::j` ‐-‐ ´ __ `‐-‐ ´,|: : :/i:  |
        `ヽ|  |`: |:::::|`l.、    V_,ノ    /j;/ |  i|
            | j: |: :::} .|、:`>‐ァ--t‐<´j::|: : :  |  |:|       その代わり、各生徒にはロッカーが1つ割り当てられます
            リ : |::;ノ ,ニュ、 |´   `} `|::|: : : ノ.  λ
          ノ .,ィ´|  -‐y 〕 |-─‐-|   |リ:. : /ヽ、. ヘ          私物などはこちらに入れておくことが出来ます
         / : f\.rヽ、___,j;>、  |  |: :  メ /i:..  ヘ
        / ::ノ:|   }`ミ三三三彡.  |  j::  //   |::i :. `ヽ、
       / : .:/: :|  〈`゛──--ー'〉 |  ./  /      |: :| ::.   )
      \ .:/: : :|  〉      "|. | /  /       |:.:| ::: /



    / /                       ヘ \
   ′/  '   /   /  /       ヘ      ',   ヽ
   l /  ,′ /   〃  {        ',       ',   、
   ii/   ′ {  /|   ハ, {   ヘ   } }   }  }   ;,     校舎は5つ存在していまして、
  〃  {  ハ /r ヽ⌒` jハ   }} '⌒jメ、 /   リ  }  }}       北校舎・南校舎・東校舎・西校舎、
  {   八  {{// ヽ{ \|  八 /リ / / イ  ,ハ リ  ハ         そして中央校舎となっています
  l ,    \从(  ___     j/ ____  │ / }/| ,′}
.  V{∧    {` ,,.ィ'≠ミ` }冖{ ,.ィ≠ミ、 .丿 イ / !/
   从(\  ヘ、 `    ノ   、       イ |  | /
    j/   `ー--\ ‐-‐ ´  ′.. `‐-‐ ´ ハ |  |          東校舎は全生徒を収容出来る部屋などもあり、
   /    / ノト、     ー-      .イ ! |  |              様々な大きさの教室が存在しています
.  /    /  ノ |` 、           . イ │ i│ |
  /    /  / | / く| `'   . __,.  个ーァ i| i│ !         西校舎は一定の大きさの教室が数多くあり、
/ ノ   /  /j| | |` ‐-  ..__    _」/ } l|   |   :、            そのためHRなどはこちらを利用します
 ´   ,′ ,′| |人::.::.::.::.::.::.:: ̄ ̄} }::.:.リ八  、  丶、
     {   {-‐f l   \::.::.::.::.::.::.::.0} }::.:厂`ヘ  ヽ   \       北校舎は情報処理ルームや理科室などの
  ‐¬ !   !  | !    ,>─- 、__,r<     ヽ.  卜 .._   \        特殊教室が固まっています
    |   |  { l   / : : : : : : }: }: : : \   }  |   `丶、 ヽ
    |   |  { i  { : : : : : : : イーヘ: : : : : }  リ  |     }:ト、



              r-、
           rー―― !: : `´ ̄`. .' . 、
         ,!: : : : : : :!: i : i、: : : : : : : :ヽ、      中央校舎は職員室をはじめ、校長室や理事長室など
         /: : : : : / /|: | : l:!ヽ : : : : ヽ : :ヽ        いわゆる学校運営に関わるお部屋が多いですね
       / : : : : : ,': ,' .! l: : !| l: i、: : : ヽi : ',          事務室もこちらに存在します
        / : : : ,: : ,!-!‐ !,l: : l:! !‐!- 、 : : ヽ : !
.      ,': i: : : i: : :l :l  lノ!: : !! |/ ヽ : : i: ',: |
      l : |: : : !: : :N  _! : リ ' _ ヽ: :|: :V     南校舎は部室棟になっていますね
       |: /!: : :|: : l. ,´== `r‐{. ==ミ!i: :h: !         ミステリー研究会の部室ももちろんこちらです
      l/ !: : i、:i'{ ''''   ノ ,.ヽ  ''''ノ,ハ:l,ハ,!
        ヽ: l ヽ!:`iー‐‐' r‐┐`''''",!,! :i' :|:i      その他、プールや学食、図書館などが別にあるという形です
         ヽ! ,|: |:i`'ー- `_‐',., イ: !': : !: :!:!
      r 、     /|: :!|: : |, '^'、 ,ハl:/: : :,! : ',|
     ヽ ヽ_r_v r! :ヾ―l,  V  /: : : ハ: :ヽ
        Y,. -{ Y!:',: :ヽ:.:.V´,フ、ヽ/ : : /:.:`i,: : :',     あと、それぞれには番号が割り振られていまして、
       l、/´)ハヽ'、 :ヽ:.ヾイ|.!|、! : :, ':.:.:./ ! : : ヽ      例えば西校舎だとW305などという風に、
      / `ュ,ノ }i 〉ヽ :ヽ:ヾ|,|,!'l: :/:/:., '  !: : : : ヽ        最初にどこの校舎かを示すアルファベットがついて
        ト´、  ノ l':.:.:.:ヽ:}:.:.::.:.:.:|/:.:i//  l: : : : : : i           呼ばれることになります
        !  `    !:.:.:.:.:lノ:.:.i:.:.:.:.:.:.,' /  l: : : : : : |



                  ,、
            _,.-‐─-/ ヘ‐-、_
            /        |   `ヽ、
          /     i  λ:: |: ヽ、  .ハ    そういうことですから、ミステリー研究会の部室にも
          | iノ .:  | 'フ´|::. j`ヽ、| λ |      実はSで始まる番号が割り振られているんですよー
          |/ : : .;イ´j/, j;:/  , リ 〉 ヘj
         〈 : :/::|  ┃ ,H  ┃ ∧ノ ,〉
          V}`|: ::|.`‐-‐'  `‐-‐'〈::::j,/{
            j ::| :.:|、""" {_,フ "jY77ァ:. |    なお、中央校舎はCで、図書館などはXで始まります
            | ::| ::{ `>‐-‐{ニニ二}: : |
           ノ ::丶、ヽ、 |__{ニニ二}: :. |
          / : :::f´ 、ー-`| ,.〈    ,〉: :. |
        / / : ::|  i\.|//|    |: : ヘ、
          〈 :/ : : ::|  |> `´ <|    ト、:. : : \



.      /               ヘ        !   ヽ,   ヽ
.      ,′         .:       }      .: :}:..   i      .   '
      ′      .:;   ,;:   j   .:}  .:}.:;ハ::.   !      ',   ',  いかがでしたか?
.    ,   ,′    .;  〃 .::. ′ .::ハ .:j厶 L:.__ 八|    '.   :.    これで多少なりともこの学校のことを
    ′ .: i  .    i  .:ii.:..:{:..,′ .:::/ }「/ jノ_|:.:. / │ .  : ! | i      知っていただけたでしょうか?
    ' .: .:: i  :   i .::jム从:゙ ..:j/   l/ . r=≠ミ 、| .:  .: ! | i
   i.:/   .:. ! .:    |/ |」.ニ { ..:八 丿 〈/i:::j/:ハヾV .::  .:.:リ: l i
    i:ハ .:..:{:..', ::.:.. {/|ハルf'i⌒ト、从 ヽ   ' {::.:゚。:.:::} l/ .::  .::/:.:.   !
   ii , ..::l.:. '. ::..:.. ', 〃{し'。(_V{ ラ=={  ヾ::::::::リ/ / .::八.:..:. ', |  それではまたお会いしましょう!
   ii. '. .::l::{::. 、::.:.. '.:{{ V:::゚:.:::} l   ゝ    ¨´/, イ .::イ.:i:.:.:..:.. '.|
.    i!   :、:l八::...\:. ヾ` ヾ::::::ノ l    ヽ、_  j/..:l:.:i::.:..:.. :、 ヽ、
       \. \::...` ー--ト、_ ,ノ  ′        j   .::ii:.:.:.:..:..ヽ   ` .._
             i ヽ∧ :i'.         -‐..'′      イ    .:ii:.:.:..:.. :.. :、    `丶、    お相手は……
              i .:,' ..:. ,ハ、            / .|   ..::i:!:.:.:.:..:.. :.. :、:.. .    \       高良みゆきでした♪
          j.:/  .::} '.::i:::>  ..,_     . '゙   |  .:.:,'!:.:.:.:.:..:..:.. ', :.:..:..、     ヽ
          /  .::丿.:.:j/      `7ァ'    __,ノ|   :,:' .::ト . :.:.:..:..:..:..' :.:.:.. \:..   }
.        /  ..::/ .:.:/!     __\》 _ノ   / . ゙ ..::}   ` ー- ,」_:..:..:..:.. ヽ  ,′
.       〃 .: .:/  ..:.:/ ii      ト--=ミr(_ -‐/ ,.:゙  ..:.:,′    〃  `丶、:.: }:./
.       {{ .::≠/  ..:.:/  !!    {__彡イ」 ̄¨¨/ /  ..:://      /,′    ヽ:.:(
       }}:/.::/   .::八  ii        //| l`ー/ /  ..:ノ/      //         }:.:..)



                                          =========
                                           第4話E:おしまい
                                          =========



                       ,r'ニ:二ュ、
                     (      》
             -‐=:=:=-.、__,..-‐:─::─'':─-..、_
               `> : : ...::.:.:.:i.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:.、:.:.:`ヽ、    (みゆきさん、どこの誰に向けて
              /::,ィ: : : :/:/::;|:.:.:.:.i:|:.:ヽ、:.:.\:::.:.:.ヘ        喋ってるんだろう……?)
                 /:;//:.:;.::/:/:::/|:.i:.:.:|:|:.:.:.:.ヘ: : : \::.:.ハ
               '"´ /:.:.:j:.:j:.l::;/ |:|:.:::i:|`ヽ、:.ハ::.:.:.:、:\::}
              j:.::/'|:.:|:.|:|⌒ |:|:.:.::リ ⌒ヽ:.:l::.:.:l:..:|:`::ゝ
               |:;/ .|:.:|::.リ___!'∨::|____∨:.:.:.ト、|:::/
                '´  |:;∧::}≡≡ ヽ|≡≡ |:`ヽ|:::.:〈、
                  ,ノ|'::::::::j        ’|:.:.::|)ヽ:::`ヽ、
.                ,r'⌒ ー:-‐:`-、_ー'ー' _ j:.:.:.| ,イ´`ヽ::〉
              {       { {{ {'´`ュ|| ;}´ ̄ ̄ ̄⌒~`}



                                          =========
                                            本当におしまい
                                          =========
スポンサーサイト
プロフィール

ztX9Axuf02

Author:ztX9Axuf02
◆ztX9Axuf02です、細々とやる夫スレ書いてます

このサイトでのお話は、IPAモナーPゴシックのフォントサイズ12にて作成しております

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
何人来たかな?