第3話E:やる夫、金田一耕助を語る


   ==============================
        かがみはやる夫たちとミステリー研究会を作ったようです
              第3話E:やる夫、金田一耕助を語る
   ==============================



___________________________________

============================
       |゚ ̄ ̄ ゚̄|       |   ___________________
┌──┐   ̄ ̄ ̄~' ┌──┐ |    |┌───┐|┌───┐|ミステリー研究会|
│====│   □ □   │三三│ |    |│/./ . │|│/./ . │| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
│三三│   □ □   │三□│ |    |│/  /│|│/  /│|     __
│[][]::::│   □ □   └──┘ |    |└───┘|└───┘|     |!┏゚|
└──┘      l三三!     |    |:[l         |         l]:|     ||⌒||
============================:   |          |          |     ||消||
                            |          |          |     ||〓||
                            |          |          |      ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



          ,. . -: :‐.-:.':':":.:/ヽ¬‐-. .,_
        ,. :_',:. ,-‐': : : : : : : : :|: : : : :、、: : `: .、
     ,.:'‐'" /         !: /l: : : : :.ヾ:、: : : : :ヽ
   / ,,,;;; ' . . : : : : /: : ::,!: l l: : !、: : V':,: : : ヽ:ヽ-,,、
   r';;;;;,.'. :/:,:': :/: :./:_;,;_/l:.:l  l: :.l、V_:_:.V'; : : : :V:ト、;;;;,、
   ヾ;/: :,ィ:/: :/: : :j'": :/`!:j  ∨:i`^:、:`:V!: : : : :V!;;ヾ;;;;;〉   金田一耕助シリーズで
   ,,;;':./;//: :.i: : : :l: :./  !:!   V:!`、\:.'li: : : : : :{;;;;;;;V       最初に読んだ方がいい作品って
   Y:/;;;;!i: : :j: : : :j: :ム,,,_ |!.    ヾ! ヽ_,,.\!: : : :!、:i;;;;;;;;;;,          どんな感じなの?
   ,':ヘ;;;;!!: : :|: : : ハヤ'''j‐-ト、     ィっ¬テ{: : : !;;i.l;;;;;/
    {'  ヾ!.:.:.ハ: : :ハ{j |:;'し' |      r:'し' ;!ハ: :.ハ;;;リ'"     ほら、初心者向けっていうかー
      }::::l: :l: :.l^l、ヾ、_ノi        ! 、_ノ' ,'i: :,': ": !
       |j::l: : |i:.トコ ´ ̄   '    ̄` ,'_,l:/: : :!:.!
       |:V: : :!:、|:::::ト、       c     ,/::::'゛: : : !:|
    /゙i . |j: : : ::l: .:.::::l! `丶 、  ,.,. - ''"!;::::::j!::: : : !:!
   .| | ||: : :.:::|i: : ::::l  ,ノi´,!   人jヽ、,!:::: :.l!::: : : :!!
  ,r¬ !、 ゙|: : ::::j::i: : : :l"   l゙    j.  ,'::: : :l:|:::: : : :{
./ | r¬ ! l: : ::::i::;}!: : : l   l´  ̄ `:l  ,': : : :l>!:::: : l:.|
{_ヽ_゙j7  ,! |: : ::;l'' ヘ: : : :!、  !    ,′/: : : ;'"ヘ:::: : |:|
 ゙、   / ,レ ''゛  ヘ: : :|、\ .!   ,' ,.イ: : : :/゛ ヾ: :.l:|
  l   l /      ゙、ヘ: :.l、\`j /'",.:'!: : :/v'   ヾミj



         ____
       /      \    まず、やる夫個人の意見ということを
      / ─    ─ \      前置きしておくおー
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/        その上で出すなら
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ             「本陣殺人事件」
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |             「黒猫亭事件」
   /    / r─--⊃、  |             「獄門島」
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |                 この3つですかお


 i:/ i:ィ::ヽ   | l i ! |  i   i i ! l 、 ヽ
 l:l_/!:レ'::〉 / | .li l ! |  |   l | ! |  |  ハ
./:/i トr‐i´ .!‐トl、! l ! |  |  / | ! |  |  |     その3作品を挙げる理由は|
::/ .l |:| !  .l≡>≧l\   l .// レ// ./ .ハ.!       何なのかしらぁ?
  | |:| ヽ |ヤ''{ fン}ヾミ ∨/ム一〈/ / / l|
  | |:|  |ヾ、 `'~        ィtfソ7/,}/  " ,ィ
  | ヾ   |            `~ / /ィ|   //
  .!    i\       __ ´  <"イ  l」 /.:::/.
   !   .ト、.,へ   ‘‐ ´  イ i ///.::.::./,─ァ
   .l   l::::::::二_> -、.<  ,|  !: : : : -- ―<_
ニニiハ  |:://7只ト、\ /:l  .ト、: : : : : : : : :‐-
:::::::::ヾ∧ |::\`´,イ |:L/厶ー:|  .!:::\ : : : : : : : :
:::::::::::::\ヘ/  ¨ i:!   ̄ .}:::::::::|  .!:::::::::ヽ : : : : : :



     ____   待つんだお、銀ちゃん
   /      \    これから順番に説明していくお
  /  ─   ─\
/    (●)  (●) \    まず「本陣殺人事件」、
|       (__人__)    |      これは全ての基本ですお
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |      この作品で金田一耕助は初めて世に出たのですからおー
.\ “  /__|  |         ちなみに本編での時間軸はまだ戦前だお
  \ /___ /            体裁としては筆者の疎開先で戦前起こった事件となってるお


        ____
      /      \       で、金田一耕助のバックボーンやパトロンの久保銀造、
     /  ヽ、   _ノ\         そして、この先に何度となくコンビを組むことになる磯川警部、
   /   (● )  (●) \           そういったのが出てくるので、押さえておきたい所だお
   |       (__人__)    |
   \      ` ⌒´   /ヽ
    /   {;;;;;;;}        \
    (  ヽγ⌒)         ゝ   i
 ̄ ̄ ̄\__/ ̄ ̄ ̄(⌒)__ノ ̄ ̄ ̄ ̄



     ____
   /      \     「黒猫亭事件」は、角川文庫でなら「本陣殺人事件」と
  /  ─   ─\        一緒に収録されてるはずですお
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |      こちらでは、パトロンの1人である風間俊六が登場してるので
/     ∩ノ ⊃  /           押さえておくといいお
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |           あと物語上、この作品で筆者が金田一耕助の
  \ /___ /                伝記作家として公認されたことになってるんだお


        ____
      /      \       「本陣殺人事件」はいわゆる密室殺人、
     /  ヽ、   _ノ\         「黒猫亭事件」は要するに顔のない死体の系統、
   /   (● )  (●) \           文庫1冊でこの両方が読めるのは満足度高いお
   |       (__人__)    |
   \      ` ⌒´   /ヽ        あと、文庫の旧版の表紙絵が素晴らしいんだお
    /   {;;;;;;;}        \           他の作品のももちろんいいけど、
    (  ヽγ⌒)         ゝ   i              やる夫の一番お気に入りはこれですお
 ̄ ̄ ̄\__/ ̄ ̄ ̄(⌒)__ノ ̄ ̄ ̄ ̄



     ____
   /      \     最後は「獄門島」だお
  /  ─   ─\      これは金田一耕助の復員後、最初の大きな事件になりますお
/    (●)  (●) \        ”大きな”とつけたのは、この前日譚にあたる
|       (__人__)    |            短編があるからだけど、ここでは詳しく触れないんだお
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |    そして磯川警部と再開する作品でもあるんだお
  \ /___ /


        ____
      /      \     「獄門島」はあれだお、
     /  ヽ、   _ノ\       一気に最後まで読んでほしいんだお
   /   (● )  (●) \         それでやる夫同様に衝撃を受けてほしいですお
   |       (__人__)    |
   \      ` ⌒´   /ヽ     あと、この作品は絵にした時に映えると、
    /   {;;;;;;;}        \       やる夫は思うんだお
    (  ヽγ⌒)         ゝ   i         金田一耕助シリーズは結構そうだけども、
 ̄ ̄ ̄\__/ ̄ ̄ ̄(⌒)__ノ ̄ ̄ ̄ ̄       個人的にはこれが一番だと思うお


     ____
   /      \     ああ……もう1つ付け加えるなら、
  /  ─   ─\      「悪魔の手毬唄」もこの3つ読んだ後にはお薦めしやすいかもですお
/    (●)  (●) \        ……若干癖がなくもないですがお
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /        これまた岡山での事件なので、磯川警部が相方だお
(  \ / _ノ |  |             冒頭で語られてる手毬唄はよーく覚えておくといいお
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



       ____
     /⌒  ⌒\     さて、金田一耕助のもう1人の相方といえば、
   /( ―)  (―)\        東京および近郊ものでよく出てくる等々力警部ですお
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |             |     やる夫個人は等々力警部が出てくる作品は、
  \              /         短編中編のが面白いと感じてるんだお


        ____   そういう観点からすると、やる夫としては
      /      \    「睡れる花嫁」とか「壷中美人」とか挙げたいけど、
     /  ヽ、   _ノ\     ある意味これは癖が強い作品だと思うお
   /   (● )  (●) \
   |       (__人__)    |
   \      ` ⌒´   /ヽ    同じく癖のある作品だけれども
    /   {;;;;;;;}        \      長編の「悪魔が来りて笛を吹く」の方がまだ
    (  ヽγ⌒)         ゝ   i         いいかもですお
 ̄ ̄ ̄\__/ ̄ ̄ ̄(⌒)__ノ ̄ ̄ ̄ ̄



     ____
   /      \     ぶっちゃけ、金田一耕助シリーズって
  /  ─    ─\      性的要素が意外にありますからお
/    (●)  (●) \        それゆえ万人向けとは、やる夫には言えませんお
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /   ただ別の見方をすると、大衆向けな作品として
(  \ / _ノ |  |        意識した上で書かれているようにも思うので、
.\ “  /__|  |           文章自体は読みやすいんだお
  \ /___ /


     ____
   /      \
  /         \    その辺りの話を深くやってゆくと
/           \       ネタバレが絡まってきたりもするので
|     \   ,_   |           なかなかに難しいお……
/  u  ∩ノ ⊃―)/
(  \ / _ノ |  |    とりあえずあれだお、やる夫としては
.\ “  /__|  |        横溝先生フリーダム、だと思ってるんだお
  \ /___ /



         /:.ヽ.、,,. -: : :'':  ̄:`:`:丶.、
       l: : : : : : : : : : : : : : :_:_:_: : : \
    ヽ、-:ッ!: :.l: : : : : :、: : :/シ-!;;;;;\: : :`:、
     , ' !  | . . : : : >';;;;;/: : : :゙!;;;;;;;;;\: :.゙:.
    /. . : !: : :l: l: : : :r';;;;;;;;;;!: : : : :l;;;;;;;;;;;;;;}: :、:i\     まー語ったわねー
   /: : ;.ィ:l: : :.lv'l´::. :`:;;;;;;;;!: : :i: : :!;;;;;;;;;/: : :.`|;;;;;〉
  /:/ !:::l: : :! V∨: : ヾ;;;j: : :.|: : :ト::;;;/: : : : :j;;;/
  /'゛  l::::;!、: l ィ弁V: : :.!l: : : :!: : :l::::::::.i:... :.!/!゛        ……それだけ読み込んでるって
       !:::ハ:ヘl  |j ∨:!v': : .::|::. : :!::::.::::!::.:/: |              ことなんでしょうけど
      V ヾ:l ,ツ   V/: : :::/:::. : :!:::::::;';::'::::: l
.           i    〃: :.:::/:::::: : :.!:;:r'゙:::::::::: :!
          丶、_//: :::::/|::::::: : : l:::|:::: ::::::: :.!
             /:/: .;;ノ''!:!:::::: : : :!:ハ::: : :::: :!|
           厶'<   l::!:::::: : : :l\:: : ::: : l|
             /''、`、. ':,   !:!::::: : : :.|  i: : :: : :{
           /   `、':, :',  l:|: :: : : : |  l: : : : :.|
        /    ゙、:', :',  !|: :: : : : !  l: : : : :|
       /     ゙、:', :', .!!: : : : : |  |: : : : :|
      /       ゙、:', :', l|: : : : : |  |: : : : :|
       i′       ゙! ',', :'‐-!: : : : :.| j|: : : : :|


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)   これを俺は何度も聞かされてるんだぜ
. |     (__人__)       もう覚えてしまってるだろJK
  |     ` ⌒´ノ
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ         そして、大方のあらすじも聞かされただろ……
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \



                      ___,ェォ、
               / ´::::::::::メ込メ::.、
              /, ' ´ ̄ ̄`ー ‐-:::::.\
             , '/             \::.ヾ  やる夫にとってぇ……
        _ Y〆  ,           l   ヽ::l    金田一耕助シリーズの魅力って
         |{ニネl   l | l   |  l   {l::ll       何なのかしらぁ?
       , ヾミl  vヽ十‐l- ,l |   |  ,l {l;;ll
      ,.∠从|| l i_'"{Tト乂,r'|tニTtx,l   iVヽ
     </| ||弋 ゝ ¨     ´i_rft // ,l∨冫
        ! lj   ̄l 丶 、_`__   _/ /}ハ/
          !  __/ ノ、ヽ`_´__ , ゝ__/ | l`从
        /::/ 〃v┘>--一l l  l  !_| |_!l\
       /.;/ , ハ  /ミYミ\ `i  |ー‐-、   ヽ
     /::::::l /i_|::::l 圦 ~ 介 /  }::::::::::∧
      ∨:::::::´:::::Y.:::|   VL// /iノ:::::::::::::∧
      ∨::::::::::::,':::::|'l,t、,t、_t_、| /t、l::::|::::::::::::::∧
      八:::::::::冫::::{ 、丶 l / ´,'  /::::::l:::::::::::::::::::〉
     /::::::::::::/´l:::::ヽ {薔} 、  /::::::::/::::::::::::::/
     ノ::::::::::::/  !::::::::>- ‐ー'´::::::::/∨:::::::::T


     ____
   /      \
  /  ─    ─\     地縁や血縁にまつわるしがらみゆえに
/    (─)  (─) \       事件が起こってしまう所かお?
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /      そして……事件解決後のやるせなさ、
(  \ / _ノ |  |            虚無感……ですかお
.\ “  /__|  |
  \ /___ /                 あれは癖になるお……



                       ,r'ニ:二ュ、
                     (      》
             -‐=:=:=-.、__,..-‐:─::─'':─-..、_
               `> : : ...::.:.:.:i.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:.、:.:.:`ヽ、    ついでにやる夫に聞いてみよーかなー
              /::,ィ: : : :/:/::;|:.:.:.:.i:|:.:ヽ、:.:.\:::.:.:.ヘ
                 /:;//:.:;.::/:/:::/|:.i:.:.:|:|:.:.:.:.ヘ: : : \::.:.ハ
               '"´ /:.:.:j:.:j:.l::;/ |:|:.:::i:|`ヽ、:.ハ::.:.:.:、:\::}      日本三大名探偵って言われたら
              j:.::/'|:.:|:.|:|⌒ |:|:.:.::リ ⌒ヽ:.:l::.:.:l:..:|:`::ゝ           誰と誰と誰を挙げる?
               |:;/ .|:.:|::.リ___!'∨::|____∨:.:.:.ト、|:::/
                '´  |:;∧::}≡≡ ヽ|≡≡ |:`ヽ|:::.:〈、
                  ,ノ|'::::::::j        ’|:.:.::|)ヽ:::`ヽ、
.                ,r'⌒ ー:-‐:`-、_ー'ー' _ j:.:.:.| ,イ´`ヽ::〉
              {       { {{ {'´`ュ|| ;}´ ̄ ̄ ̄⌒~`}


         ____
       /     \       これもまた難しい質問だお……
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \       やる夫個人として、とまた前置いた上で答えるお
  | / .イ '(ー) (ー) u|
.   /,'才.ミ). (__人__)  /         金田一耕助、明智小五郎、この2人はまず鉄板だと思うお
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ



     ____
   /      \       横溝作品読んでる身としては、3人目に由利麟太郎先生を
  /  ─    ─\         挙げたくもなるけど、それはやめておくお
/    (─)  (─) \
|       (__人__)    |          世間一般的には、浅見光彦じゃないですかお?
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |      やる夫は新本格は読んでないので分かんないけども、
.\ “  /__|  |          御手洗潔辺りも挙ってくる所だと思うお
  \ /___ /


         ____
       /     \        あと、鬼貫警部も作品読んでないやる夫が
.    /       \          知ってるくらいだから候補には入るのかもしれないけど、
.  / /) ノ '  ヽ、 \           警察だから除外するお
  | / .イ '(ー) (ー) u|
.   /,'才.ミ). (__人__)  /     同じ理由で、十津川警部なんかも除外だお
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ   今回はあえて漫画アニメの探偵は含めなかったお



      ,..:::´:: ̄::゙::`:::、
     {::,/´ l丁 T`' :;:\
     ハi lイN l 、イ l| iヾ:::}ヽ.       ねぇ……
     | lk_ィヽレ仁リ l .|dbl            工藤ちゃんはぁ?
     |、ト○   ◯/ l l∧| !
     ||从.┌-、∠ / . l)ト、l、
     ,イ,イゝ ニ イイ /  | !
     <、ラY´:文:、バ, T≫゙i||
     ≦〈:::{:::i;:〈:::::::〉}≠ZZ
     ≦j|:::l〉:::;ヘ::iNハ≧ッ
      ,イ:_:lXK:::ハ:::::::\
     <::::ソ,lX〈::kミ}:::::::::::\
      ト,r'X>!^^´::::::::::| ̄


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ○)(○)
. | u.   (__人__)      探偵物語かよっ!!!
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l



      ,..:::´:: ̄::゙::`:::、
     {::,/´ l丁 T`' :;:\
     ハi lイN l 、イ l| iヾ:::}ヽ.    あ、薬師丸ひろ子との
     | lk_ィヽレ仁リ l .|dbl         同名映画の方じゃないわよぉ?
     |、ト○   ◯/ l l∧| !
     ||从.┌-、∠ / . l)ト、l、
     ,イ,イゝ ニ イイ /  | !
     <、ラY´:文:、バ, T≫゙i||
     ≦〈:::{:::i;:〈:::::::〉}≠ZZ
     ≦j|:::l〉:::;ヘ::iNハ≧ッ
      ,イ:_:lXK:::ハ:::::::\
     <::::ソ,lX〈::kミ}:::::::::::\
      ト,r'X>!^^´::::::::::| ̄


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ○)(○)
. | u.   (__人__)      分かっとるわいっ!!!
  |     ` ⌒´ノ         普通はドラマの方だろ!!!
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l



                       ,r'ニ:二ュ、
                     (      》
             -‐=:=:=-.、__,..-‐:─::─'':─-..、_
               `> : : ...::.:.:.:i.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:.、:.:.:`ヽ、     やー、松田優作は偉大だねー
              /::,ィ: : : :/:/::;|:.:.:.:.i:|:.:ヽ、:.:.\:::.:.:.ヘ
                 /:;//:.:;.::/:/:::/|:.i:.:.:|:|:.:.:.:.ヘ: : : \::.:.ハ
               '"´ /:.:.:j:.:j:.l::;/ |:|:.:::i:|`ヽ、:.ハ::.:.:.:、:\::}       いっそ3人目は松田優作で
              j:.::/'|:.:|:.|:|⌒ |:|:.:.::リ ⌒ヽ:.:l::.:.:l:..:|:`::ゝ          いいんじゃない?
               |:;/ .|:.:|::.リ___!'∨::|____∨:.:.:.ト、|:::/
                '´  |:;∧::}≡≡ ヽ|≡≡ |:`ヽ|:::.:〈、
                  ,ノ|'::::::::j        ’|:.:.::|)ヽ:::`ヽ、
.                ,r'⌒ ー:-‐:`-、_ー'ー' _ j:.:.:.| ,イ´`ヽ::〉
              {       { {{ {'´`ュ|| ;}´ ̄ ̄ ̄⌒~`}


            ,.ィ´: : : ;ァ. . . : : : : : : ::ヽ、: : : : : : : : : : :. . . . . .ヽ、: : : : :;メ;;フ;;;;;;`ヽ
          /"´ ̄/. . . . . . . . :;|: : :/|ヘ : : : : : . . . . . . . . . . ,..ヽ、:/;;;;;;;ヘ::\;;;;
               /. ./. ::/: : : :;ィ|: :;/ | ∨: : ; : : : : : : |:::: : :∧: ::ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;\: :
              /. . .:/: :::::/: : : :/ |:.:| |  ∨::|\: : : : ::|:::::::(__;):: :ハ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;〉:
           /: : ::/: :::::/::ヽ、:/   |::| |   ∨:|  \/::ト、:::::::: : : : : :|;;;;;;;;;;;;;;/:: :
            /: : :/: : :::/: : : :/\  |:| |   ∨  / \:| ∨::::::: .: : : :|;;;;;;;/:: : : : いい訳ないでしょーが!!
          j: : :/: : :::::j: : :.:/___\|j  !     /_____ ∨::: : :;ヘ::.|;/::: : : : : :
           |: :/|: : :::::::|: : ::ァ=ァ==ォ、ヽ ヽヽ,/ャァ==ォ==ァ   ∨::/、;;レ'::::::: : : : : : :
         |/ |: ::::::/|: :;八弋z;ク ,       弋:z;ク ノ   リV´`}:::::::::: : : : : :/::
            |: ::/{ |:::ハ  ー‐ '         `ー-‐ ´     .イ ,ノ::::: : : : : : :/:::::
           |:.::{::ヽV_,}            l | |l i!   ,r-‐'´:::::: : : : : : :/::::::::
           ヽ:|: ::::::::::l、                  / |::|:::::: : : : : : : :/:::::::::::
             |: : ::::::::::ヽ、  r-‐──‐-、   イ   |:j::::: : : : : : : :/:::::::::::::
             |: : :::::::::::::::::`>V_____,,}<´ /     リ::::: : : : : : :/::::::::::::::::
                |: : : :::::::::::/   |` ̄~´ ‐-─/    j:::: : : : : : :/:::::::::::::::::::
             |: : : :::::::/     |      /    ,ノ:: : : : : : :/ヽ、::::::::::::::
                |: : : :::/\\   |     /    /ノ: : : : : :.:/ィ´ハ:::::::::::::



                                          =========
                                           第3話E:おしまい
                                          =========
スポンサーサイト
プロフィール

ztX9Axuf02

Author:ztX9Axuf02
◆ztX9Axuf02です、細々とやる夫スレ書いてます

このサイトでのお話は、IPAモナーPゴシックのフォントサイズ12にて作成しております

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
何人来たかな?